クマ 治し方

目の下のクマはスキンケアで消す事が出来る!

悩み
目の下のクマが消えない。どうしよう・・・

 

 

わたしは24歳の新人OLです。

 

もともと花粉症などのアレルギーがあり、目をすごく掻いてしまった結果、

 

目の下に茶色いクマができてしまいました。

 

 

鏡で自分の顔を見ると、まるでゾンビのような疲れた顔に・・・・

 

 

「よく寝れば治る」と思っていたのですが、

 

治るどころかクマは徐々に濃くなっていきコンシーラで隠してもバレてしまうほどでした。

 

結局、半年間クマは消えないまま・・・

 

「このままクマが消えないなんて絶対嫌だ!」

 

そんな思いから、毎日のようにクマの解消法をスマホで調べるようになりました。

 

そして、あるスキンケアを3週間続けた結果、白くてキレイな目元を取り戻す事が出来ました。

 

 

クマを3週間で消した救いのクリーム

はじめはうまくいかなかった

最初のうちは、何とかクマを消そうと色々と試しました

  • サプリメント
  • ビタミンCのサプリメントを3カ月間飲みつづましたが、クマには全く効果がなく断念。

     

    何となく肌の調子は良くなったのですが・・・・

     

  • 目元マッサージ
  • クマに効果的だとされるマッサージや目元の運動をやってみても全く消える気配がなく、結局続けられませんでした。

     

  • ハイドロキノン
  • 漂白作用のあるハイドロキノンという成分が配合した化粧水を試してみたんですが、肌荒れを起こしてしまい逆にクマが濃くなってしまいした。

     

    強い成分が私の肌には合っていなかったようです。

     

  • レーザー治療
  • 価格が高く手が出ないうえに、よくよく調べるとかなり痛みを伴るらしい。ちょっと私には無理かな・・・

     

     

    アイキララとの出会い

    アイキララ
    結局何を試してもダメだった私は、Yahoo!知恵袋に自分の悩みを投稿してみることにしました。

     

    すると、同じ悩むを持つ女性から沢山の回答をいただきました。

     

    その中で最も口コミの評判がよかったのが『アイキララ』というアイショットクリームです。

     

     

    「クリーム塗ったくらいで治るの?」

     

    と半信半疑だったんですが、「これでクマが消えたよ!」というコメントがあまりに多かったので、

     

    どうしても気になって購入する事にしたんです。

     

     

    「クマが消えた!」と評判のアイキララ公式HPはコチラ>>

     

     

    見違えるような目元にっ!

    アイキララが自宅に届いて早速目元に塗ってみることにしました。

     

    塗った感じは、すっと伸びでベタつかず、適度に潤って「気持ちいい〜〜」といった感じでした。

     

    でもこれでクマが消えるのか?という不安がありました。

     

     

    それでも、口コミを信じて使い続ける事1週間、

     

    「ん?ちょっと薄くなってる」

     

    ある日鏡を見ると目の下のクマが明らかに薄くなっていたんです。

     

    「これはひょっとして!」

     

    そんな期待感から、さらに1週間続けると近くで見てもわからないくらいクマが薄くなっていました。

     

     

    この時はホント嬉しすぎて一日中鏡ばかり見ていましたww。

     

     

    そして、アイキララを使い始めて3週間が経つ頃にはすっかり目の下のクマが消えて、見違えるようなキレイな目元になっていました。

     

    目元がキレイなだけで顔の印象は全然違います。

     

    想像してみてください、クマが消えてパッと明るくなった目元を。

     

    最高ですよね!

     

     

    今すぐアイキララの詳細を見に行く>>

     

     

     

    目の周りのクマはどうすれば治る?

    疑問
    ただ、やみくもにスキンケアをしていてもクマを消すのは難しいですよね!

     

    クマを消すためには、まずクマの種類と原因を理解しておく必要があります。

     

    そして、あなたの症状に合った対処法をしていくことが大切です。

     

    といっても、そんなに難しい事ではないので簡単に説明していきますね!

     

    クマの種類と原因

    クマには3つの種類があります

     

    茶クマ・・・皮膚の色素沈着が原因

     

    青クマ・・・血行不良が原因

     

    黒クマ・・・皮膚のたるみが原因

     

    目の周りの皮膚は大変薄いため、紫外線などの影響を受けやすいといわれています。

     

    また、目をこすったりする機会も多いのでもともと皮膚が薄い人や敏感肌の人は

     

    色素沈着による茶クマになりやすいですよね。

     

    また、冷え性の人は慢性的な血行不良から青クマができやすいです。

     

    老化やスマホの水着によって目を動かす筋肉(眼輪筋)が衰えてくると、

     

    目の下の脂肪(眼窩脂肪)を支える事が出来なくなり目の下がたるんで黒クマになりやすいです。

     

     

    まずご自身がどのタイプのクマなのかしっかり見極めて対処することが大切!

     

    場合によっては生活習慣から改善していくことが必要かもしれません。

     

     

    アイキララが全てのクマに効く理由

    どのタイプのクマかわからない

    実際には、「考えられる原因が多すぎて自分がどのタイプのクマなのかわからない」

     

    なんて事もあるかと思います(現に私がそうでした・・・)。

     

    そんな際には、私の使っている『アイキララ』が最適です。

     

    なぜなら、『アイキララ』はどのタイプのクマにも効果的だからです。

     

     

    アイキララの効果

    アイキララ効果
    『アイキララ』はクマの根本の原因である「皮膚痩せ」を改善するクリームです。

     

    「MGA」というビタミンC誘導体の一種が主成分になっていて、失われがちな目の周りの皮膚にハリと弾力を与えてくれます。

     

    これによって「たるみ」が原因の黒クマも解消できますし、自然と目の周りの血流も増えるので青クマにも効果があります。

     

    また、

     

    目の周りの肌にハリが生まれることで、ターンオーバー(細胞の生まれ変わり)が正常に機能するので、色素沈着が原因の茶クマも徐々に薄くなっていきます。

     

     

    健康的にクマを治す

    『アイキララ』は目の周りの肌を内側からサポートすることで自然にクマを治すクリームです。

     

    効果の程は人それぞれかもしれませんが、強い成分の入った市販薬を使ったり高額なエステや病院に通うよりも、まずは健康的な方法でクマを治すことを考えるのが

     

    よいのではないでしょうか。

     

    今すぐアイキララの詳細を見に行く>>

    茶クマの治し方

    洗いすぎない

    洗顔
    目元の色素沈着が原因でできる茶クマですが、

     

    洗いすぎによる摩擦で、色素沈着を引き起こしているケースが多いようです。

     

    茶クマを悪化させないためにも、クレンジングの際には「洗いすぎ」に十分注意してください。

     

    また、

     

    洗顔料も肌の刺激が少ないものを選び、泡立てて指先でなでるように洗うといいでしょう。

     

     

    紫外線対策

    紫外線
    紫外線による色素沈着も茶クマの原因の一つですので、外出の際は紫外線対策もしっかり行ってください。

     

    UVカットのサングラスをしたり日焼け止めクリームをぬって対処しましょう。

     

    日焼け止めクリームは美白成分配合のものであればなおいいですね!

     

     

    保湿する

    保湿
    目元の肌が乾燥すると、正常なターンオーバーが行われなくなってきます。

     

    そうすると、原因物質であるメラニンが排出されなくなってしまうので目元の保湿スキンケアは重要です。

     

    化粧水は刺激の少ないものを選び、適量肌につけましょう。

     

    一度に浸透する量は決まっているので、一度に大量に塗るのではなく、回数を分けてこまめに保湿する事がポイントです!

     

     

    ビタミンC誘導体

    ビタミンC
    茶クマは、色素沈着の原因物質であるメラニンを輩出することで薄くなるので、

     

    ビタミンC誘導体配合のクリームで目元の新陳代謝を高めることで、茶クマを薄くすることが期待できます。

     

    評価の高いビタミンC誘導体配合クリームはコチラ>>

     

    青クマの治し方

    温める

    ホットタオル
    青クマは血行不良が主たる原因ですので、目元を冷やさないことが大切です。

     

    温タオルなどで目元を温めるのも、古典的な方法ですが効果があります。

     

    一時的に血流がよくなるだけなので根本的に治せるかどうかは疑問ですが、

     

    習慣的に温めるというのはいい事ですね。

     

     

    炭酸パック

    パック
    目元の血行不良が原因でできる青クマですが、

     

    目元だけに注目するのではなく、顔全体の血行を良することを考えていくこのが大切!

     

    そこで効果抜群なのが「炭酸パック」です。

     

    炭酸パックとは、炭酸が溶け込んだシート状(もしくはジェル状)のパックで、

     

    皮膚に浸透した炭酸(二酸化炭素)の効果によって、顔の毛細血管を拡張して

     

    血流を良くしてくれるものです。

     

     

    目元マッサージ

    マッサージ
    眼輪筋を中心とした目元マッサージも効果があります。

     

    マッサージを行うことで目元の血流が増えますから青クマの方は是非やってみてください。

     

    ただし、

     

    継続して行う事と、目元を擦りすぎると茶クマの原因にもなってしまうので注意しましょう。

     

     

     

    黒クマの治し方

    眼輪筋トレーニング

    眼輪筋
    目元の「たるみ」が主な原因とされる黒クマですが、

     

    その理由の一つに「眼輪筋の衰え」があります。

     

    加齢とともに眼輪筋が衰えてくると、その下にある眼窩脂肪を支える力が弱くなってきます。

     

    その結果、

     

    目の下の眼窩脂肪が突出して目元にができてしまうわけですね。

     

     

    眼輪筋トレーニングの方法は以下の通り

     

     

    @目を閉じます。

     

    A徐々に瞼に力を入れていき、目を強く閉じていきます。

     

    Bそのまま5秒〜10秒キープします。

     

    C一気に瞼を大きく開き、5秒〜10秒キープします。

     

    D瞼の力を緩めて自然な状態に戻します。

     

     

    この@〜Dを時間のある時に繰り返し行うと、眼輪筋が鍛えられます。

     

     

    サプリメント

    サプリ
    目元がたるむ原因としてもう一つあるのが、

     

    目元のハリを保っている3つの成分が、加齢や不規則な生活によって失われてしまうことです。

     

    その成分とは、

     

    ・ヒアルロン酸

     

    ・エラスチン

     

    ・コラーゲン

     

    です。

     

    この3つの成分が少なくなると目元のハリは失われ、たるみの原因になります。

     

    逆に、この3つの成分を成分を、サプリメントドリンクなどで直接摂取すれば、

     

    黒クマ対策にもなりますし、同時に顔全体の美容効果にもつながります。

     

    特に効果が期待できるのが「馬プラセンタ」です。

     

    「馬プラセンタ」は、FGFという成分が、

     

    上記の3つの成分を作る大本となっている線維芽細胞を

     

    増殖させることで、ヒアルロン酸、エラスチン、コラーゲンをバランスよく

     

    増やす事が出来ます。

     

     

    評価の高い馬プラセンタはコチラ>>

    クマができない生活習慣を!

    生活習慣
    ここまでは、クマができてしまった時の対処法中心にご説明してきました。

     

    しかし、

     

    せっかくクマが治っても生活習慣の乱れから「また、クマができてしまう」なんて事もありますよね。

     

    それでは悲しいですし、

     

    そもそもクマができないような生活習慣を心掛けていれば、それが一番健全ですよね!

     

    という事で・・・

     

    ここからはクマができないような生活習慣についてご説明していきたいと思います。

     

    日常生活のちょっとした工夫で、目の下のクマを防ぐ事が出来るので是非知っておいてくださいね!

     

     

     

    ストレス解消でクマを防ぐ

    悩む
    精神的なストレスや疲労でクマができてしまう人も多いようです。

     

    ストレスが溜まると交感神経が優位に働くので、血管が収縮して血液もドロドロになります。

     

    そのために目の周りの血行が悪くなって「青クマ」にの原因になります。

     

    また、ストレスによって「茶クマ」の原因であるメラニンの産出量が増加することも知られています。

     

    解消法

    ストレス解消法は人それぞれですが、同時にクマ対策になるものだと最高ですよね!

     

    特に、おすすめなのが以下のようなものです。

     

     

    岩盤浴

    血流の改善や、乱れた自律神経を整える効果もあります。

     

    デトックス作用もあるため、美肌効果も期待でき、クマとストレスを同時に解消できるかも!?

     

     

    ツボ押し

    ツボ押しには、内臓の機能を保つ効果やホルモンの分泌を促す効果があります。

     

    体全体の血流改善効果もあり青クマ対策にも最適です。

     

     

     

    マッサージ

    ストレスが原因で分泌されるコルチゾールという物質を減らす効果があり、リラックスできます。

     

    同時に、副交感神経を活性化させることで自律神経を整えてくれます。

     

    しかも、快眠作用もあるためクマ対策としても効果抜群です!

     

     

    睡眠をしっかりとる

    睡眠
    睡眠不足は青クマの原因になります。

     

    睡眠中は血管が広がっているんですが、睡眠不足が続くと血管が収縮して血行不良に陥ります。

     

    さらに、

     

    成長ホルモンの分泌が下がり肌荒れなども起こしやすくなるので、

     

    間接的に茶クマの原因にもなってしまいます。

     

     

    解消法

    充分な睡眠時間を確保するだけでなく、睡眠の「質」にもこだわると、

     

    クマ予防として効果的です。

     

    具体的に心掛けることは以下の通りです。

     

     

    ・毎日7〜8時間以上睡眠をとる

     

    ・寝酒は絶対NG

     

    ・就寝前3時間以降は食事をとらない

     

    ・睡眠アプリを利用する

     

    ・寝る前にホットミルクを飲む

     

     

    クマを防ぐ食生活は?

    野菜
    食生活は当然のことながら大切です。

     

    クマに効果的な食事は、どのような物があるのかというと・・・

     

     

     

    ・血行促進、血液サラサラ効果があるもの

    DHA、アルギン酸、ビタミンB1

     

    →納豆、青魚、海藻、豚肉

     

     

    ・体を温める効果のあるもの

    ジンゲロール、ムチン、カプサイシン

     

    →生姜、にんにく、山芋、赤唐辛子、こんにゃく

     

     

    ・目の疲労や角膜の健康に効果があるもの

    ビタミンA

     

    →レバー、うなぎ、ニンジン、ブルーベリー、なす

     

    ・肌のターンオーバーを促進し、美肌効果のあるもの

    ビタミンC

     

    →アセロラ、キウイ、パプリカ、ゴーヤ、パセリ

     

     

    PC、スマホを控えよう

    スマホ
    PCやスマホがクマを悪化させる原因になっていることもあります。

     

    実は、

     

    PCやスマホを見ている時間が長いと、「まばたき」の回数が減ってしまうのです。

     

    「まばたき」は、

     

    目の周りの汚れを落としたり乾燥を防ぐほかに、目の周りの筋肉を動かすことで、

     

    血行を促進するという役割を担っています。

     

    そんな「まばたき」が激減してしまってはクマができてしまうのも当然といえば当然ですよね。

     

     

    解消法

    仕事上どうしてもPCを見る時間が長くなってしまう事あるかと思いますが、

     

    こまめに休憩を挟むことが大切!

     

    スマホのゲームにはまってしまっている人は、思い切ってアンインストールしてしまうのも一つの手です。

     

     

    適度な運動でクマを改善

    運動

    運動でクマを改善

    運動で全身の血流をよくする事でクマが改善することもあります。

     

    全身の血流がよくなれば、目の周りの血行もよくなりますから、クマ解消につながるというわけですね。

     

     

    軽い有酸素運動がおすすめ!

    「運動」と言っても、キツイ運動である必要はありません。

     

    おすすめなのはウォーキング、ジョギング、ストレッチ体操などの軽い有酸素運動です。

     

    血流をよくするためには、軽く汗ばむ程度の運動で十分。

     

    これなら運動が苦手な人でも続けられますよね!

     

     

    継続することが大切!

    こういった有酸素運動は、毎日続けることが何よりも大切です。

     

    有酸素運動には自転車、ヨガ、水泳、太極拳・・・・など選択肢は他にも沢山ありますから、

     

    継続するためにはご自身が「楽しい」と思うものを選ぶのが一番いいですね。

     

    美容皮膚科でのクマ治

    クリニック
    ここまでは、スキンケアや生活習慣でクマを治す方法をご紹介してきましたが、

     

    それだけでは、完全に消えないクマもありますよね。

     

    そういった場合は、『美容皮膚科』でプロの施術を受けて、確実にクマを治すという選択肢もあります。

     

     

    美容皮膚科とは?

    最近テレビのCMや、街中の看板でもよく目にする『美容皮膚科』ですが、

     

    いったいどんなところなのでしょう。

     

    『美容皮膚科』は、「美容」という観点から臨床皮膚医学に基づいた治療を受けられる施設です。

     

     

    「エステと何が違うの?」

     

     

    と思う人も多いかと思いますが、『美容皮膚科』では、

     

    エステでは受けられない「専門医による治療」が受けられる場所という解釈です。

     

    因みに、

     

    基本的にはメスを使わないので「美容外科」とは違いますし、

     

    保険適応外の治療も幅広く行うという意味で「皮膚科」とも区別されます。

     

    なので、

     

    「クマの治療」というものを考えた時に、『美容皮膚科』が最も適した施設だという事になります。

     

     

     

    こんな人におススメ

    美容皮膚科では、専門医がクマのタイプを診断したうえで適切な治療を施してくれるので、

     

    確実に、それも最短距離でクマを治す事が出来ます。

     

    その反面、

     

    治療じたいは保険適応外の物なので、実費になってしまいます。

     

     

    つまり、

     

    とってもお金が掛かるという事!

     

    そして、一度の施術で治るという事はありませんから、

     

    何か月か定期的に通わなければいけないという、時間と手間がかかります。

     

    そいういった事を加味して、

     

    以下のような人は、美容皮膚科での治療をおススメできます。

     

     

    ・スキンケアでは治らなかった

     

    ・お金をかけてでも確実にクマを消したい

     

    ・時間的に余裕がある

     

    ・自己流のケアでクマが悪化した

     

     

    クマ治療のできる美容皮膚科は全国にありますから、

     

    まずは、お近くの施設で「無料のカウンセリング」を受けてみて、

     

    具体的な費用や治療内容を確認してみましょう!

     

     

     

    美容皮膚科ではどんな治療が行われる?

    では、具体的にどのようなクマ治療が行われるのでしょうか。

     

    美容皮膚科でのクマ治療について具体的にまとめてみました。

     

     

    YAGレーザー

    レーザー
    目元に特殊なレーザーをあてることで、コラーゲン繊維を作る細胞を活性化させます。

     

    これによって、コラーゲンが増力して目元にハリが生まれます。→黒クマに効果的!

     

    また、毛細血管を増殖させる効果もあるため、血流がよくなりますので青クマにも効果抜群です。

     

     

    光治療

    光
    ラムライトという特殊な光をあてることで、茶クマの原因となるメラニン色素の

     

    排出を促します。

     

    また、ラムライトの熱で真皮細胞を刺激して皮膚の再生を促す効果もあります。

     

     

    スタックトーニング

    いわゆる「肝班」の治療でに使われる事で有名なスタックレーザをを用いた治療法です。

     

    メラニン色素の過剰な生成を抑える効果があり、茶クマに対して効果的です。

     

     

     

    ヒアルロン酸注入

    ヒアルロン酸
    ヒアルロン酸を目の下に注射器で直に注入します。

     

    目元のたるみが改善されて目の下の膨らみが平らになります。

     

    弛みによる影が原因の黒クマに最適な治療法です。

     

    注射はちょっと痛いかも・・・。

     

     

    N-トレチノン処方

    トレチノン
    肌のターンオーバーを促進する効果のなるN-トレチノンによって色素沈着の原因である

     

    メラニン色素の排出を促します。

     

    茶クマに対するスキンケアですが、専門医による処方があってこその治療法と言えます。

     

     

     

     

    W-PRP注入

    ご自身の血液(自己血)を採取して、そこから抽出したPRPという成分を目元に注入します。

     

    目元の血行促進やコラーゲンを増殖させる効果があり、青クマ、黒クマに効果的です。

     

    説明を聞くと何か怖い感じがしますが、自己の血液を使っているので安全性は極めて高い治療法です。

     

     

    サーマクール

    サーマクールは高周波を用いた治療法です。

     

    専用の機械で、目元に高周波エネルギーを与えることで細胞を一時的に活性化させます。

     

    これによって、肌の深層にある「真皮層」の再構築が行われ目元にハリが生まれます。

     

    肌のターンオーバーも促進させるため茶クマの治療として最適!

     

     

     

    まとめ

    美容皮膚科に行くなら

    いかがだったでしょうか?

     

    実際に美容皮膚科では、クマの症状やタイプによって、上記のような治療法をいくつか組み合わせて行います。

     

    また、

     

    施設によって独自の方針があるため受けられる治療内容は変わってくるようです。

     

    本気でクマ治療を考えているのであれば、美容皮膚科での治療も悪くない選択肢かもしれません。

     

    では、

     

    ここまでのお話をまとめておきますね!

     

    ・美容皮膚科では専門医による治療が受けられる。

     

    ・適切な治療によって確実にクマを治す。

     

    ・ただし、保険適応外なので高額な費用が必要。

     

    ・定期的に病院に通う時間の余裕も必要。

     

    ・まずは無料カウンセリングで具体的な話を聞こう!

     

    まずはスキンケアを試す

    このように美容皮膚科は『時間と費用』がかかりますので

     

     

    あくまでスキンケアや生活習慣の見直しでも解消しなかった時の「奥の手」と考えてください。

     

     

    私の場合も、見た目がかなり酷いタイプのクマでしたが、スキンケアを見直しただけで3週間で完治しました。

     

     

    『アイキララ』を習慣的に使うだけでも、目の周りの皮膚を健康な状態に導いてくれますから、試してみる価値はあると思います。

     

     

    よけいなお金や時間を使わずに自宅のスキンケアだけで解消できれば、それが一番理想ですよね。

     

     

    「クマが消えた!」と評判のアイキララ公式HPはコチラ>>