クマ アイクリーム

クマ対策のスキンケア選び

青クマに茶クマ、黒クマなどクマにはいくつか種類があります。

 

これはクマの原因が異なるためですが、どのタイプのクマであっても共通する解消法がスキンケアです。

 

クマは肌の状態が大きく関わっているため、スキンケアで肌機能を強化しなくてはいけません。

 

そこで必要となるのが、目元の皮膚に特化した効果を持つアイクリームですが、失敗しないためにはどのようなアイクリームを選べばいいのでしょうか。

 

 

 

クマの改善に必要なコラーゲン

肌はあらゆる成分によって構成されていますが、その中でも健康な状態を保つのに必須なのがコラーゲンです。

 

コラーゲンはタンパク質の一種で、肌はもちろん血管や関節などにも存在しています。

 

一番の働きは細胞同士をつなぐというもので、コラーゲンがないと細胞の結束が緩んでしまいます。

 

肌で言うと、表皮の層の奥にある真皮層に存在しています。

 

真皮層でネット状に張り巡らされたコラーゲンが、あらゆる細胞をつなぐことで表皮を支えられるのです。

 

また、単につなぐだけではなく、十分な量があることでハリや弾力を保つ役割もしてくれます。

 

真皮層にはエラスチンやヒアルロン酸なども存在しています。

 

しかしコラーゲンは含有成分の約7割を占めているため、不足すると肌全体の健康に影響を与えるのです。

 

そのため、アイクリームで目の下の皮膚を健康な状態に保ってクマを改善するには、まずコラーゲンを補給しなくてはいけないのですね。

 

 

 

コラーゲンの育成をサポートする

コラーゲンは加齢によって合成量が減少しますし、ストレスや疲労などのダメージでも不足します。

 

また紫外線はコラーゲン線維を断ち切ってしまうので、コラーゲンを十分に保つのは想像以上に難しいです。

 

だからこそ補給する必要があるのですが、コラーゲンは分子量が大きいため外側から補給できる量には限界があります。

 

そこで必要となるのが、コラーゲンの育成をサポートする成分です。

 

コラーゲンは線維芽細胞という細胞の働きによって肌の内部で合成されるので、この細胞の働きを促進してあげれば十分な量を確保できます。

 

線維芽細胞に働きかけて、コラーゲンの合成をサポートするのはビタミンCです。

 

ただしビタミンCは安定性が悪く酸化しやすいため、化粧品に配合されていても真皮層ではほとんど機能しません。

 

そのビタミンCを安定させて浸透力を高めたのが、ビタミンC誘導体という成分です。

 

ビタミンC誘導体は肌の内側でビタミンCと同じ働きをする上に、浸透するよう開発されているので真皮層でコラーゲンの育成を促進してくれます。

 

ですのでアイクリームは、必ずビタミンC誘導体もしくは同等の働きを持つ成分が入ったものを基準に選んでください。

 

 

 

口コミなど客観的な評価が高いものを選ぶ

アイクリームをインターネットで検索すればたくさんの商品がヒットしますし、ドラッグストアなどにもずらっと並んでいますね。

 

そして、どのアイクリームも魅力的な宣伝文句が使われているので余計に選び方が難しいかもしれません。

 

ここで気をつけたいのは、この成分が効果的、こんな新しい成分が入っていますよという宣伝文句に惑わされないことです。

 

もちろん配合されている成分は重要ですが、ポイントはコラーゲンとビタミンC誘導体です。

 

ですので、こういった成分が配合されているアイクリームが見つかったら、後は使った人がどれだけ効果を実感しているかが失敗しない選び方のコツになります。

 

効果には個人差があるので、口コミをすべて鵜呑みにはできません。

 

それでも実際に使った人の評価が高ければその分効果が期待できますから、客観的な評価も必ずチェックしてください。

 

 

▼評価の高いアイクリーム▼

 

アイキララ

 

 

 

まとめ

アイクリームは、使われる有効成分によってたるみ解消やシミの緩和など効果が異なります。

 

クマの場合はコラーゲンがもっとも重要なので、これを基準にアイクリームを選んでしっかり解消していきましょう。

 

 

▼私の体験談▼

 

クマの治し方|3週間で目の下のクマが消えるスキンケア>>