クマ ハイドロキノン

茶クマをハイドロキノンで消す

クマの種類の中でも、マッサージやツボ押しなどの効き目がないのが茶クマです。

 

茶クマは、大きいくくりで言うと目の下に色素沈着や糖化が起きている状態です。

 

だからこそ、茶クマには美白成分のハイドロキノンが効果的と言われていますが、本当に効果があるのでしょうか?

 

ここでは、ハイドロキノンによるケアのメリットとデメリットも併せてご紹介しましょう。

 

 

 

ハイドロキノンでクマを解消できる?

ハイドロキノンというのは、厚生労働省が美白効果を認めた美白成分です。

 

ですので医薬品の美白化粧品のほとんどに配合されていますし、医薬部外品などにも量を減らして配合されていることが多いです。

 

茶クマの原因の一つには、メラニン色素の沈着が挙げられますから、確かにハイドロキノンの効果は期待できます。

 

ただし、ハイドロキノンが効くのはメラニン色素が原因のクマだけです。

 

ハイドロキノンには、沈着しているメラニン色素を薄くする作用があります。

 

さらにこれから濃くなるメラニン色素にも働いてくれるので、沈着を予防する効果もあります。

 

ですがメラニン色素が原因ではないクマの場合は、ハイドロキノンを使ってもなんの効果もありません。

 

ですのでクマに効果的かどうかは、クマの原因によって答えが変わるということになります。

 

同じ美白成分でも、ビタミンC誘導体であればメラニン色素還元作用だけではなく、コラーゲンの合成をサポートする効果があります。

 

つまり、メラニン色素の沈着による茶クマはもちろんコラーゲンの減少によって起こる黒クマにも効果があると言えます。

 

しかしハイドロキノンは美白作用以外には特にクマに対する効果がないので、一概にクマに効果的とは言えないのですね。

 

 

 

ハイドロキノンのメリットとは

肌の漂白剤という異名を持つハイドロキノンのメリットは、この名前から分かる通り強力な美白作用があることです。

 

アルブチンの100倍ものブライトニング効果があると言われる美白作用によって、濃いシミも顔全体に沈着した色素もしっかり還元します。

 

この効果によって使えば使うほど肌を白くできるのです。

 

今や、美白は女性のスキンケアに欠かせないものです。

 

その効果が一番高いのですから、ハイドロキノンが持つ美白作用は大きなメリットと言えるでしょう。

 

またハイドロキノンはメラニン色素を還元する働きがあるのもメリットです。

 

一般的な美白成分というのは、メラニン色素を生成するチロシナーゼ酵素の活性化を抑制する効果しかありません。

 

そのため今起きている色素沈着には対応できないので、ターンオーバーによって排出されるのを待つしかないのです。

 

ハイドロキノンは、すでに沈着しているメラニン色素を薄くするので、予防美白だけではなく対処美白ができるのもメリットです。

 

 

 

ハイドロキノンのデメリット

ハイドロキノンは安定性が悪いため、酸化しやすい性質を持っています。

 

活性酸素によって細胞が酸化すると機能が衰えるように、ハイドロキノンも酸化によって美白作用は減少します。

 

さらに、酸化する際にベンゾキノンという成分を発生させるため、肌に刺激を与えてトラブルを引き起こすこともあります。

 

クマができる部分は皮膚の層がとても薄いため、ハイドロキノンをそのまま使ってしまうと炎症が起きる危険性があるのです。

 

しかも酸化しやすいということは紫外線のダメージも受けやすいので、ハイドロキノンを使って紫外線を浴びると色素沈着が濃くなってしまいます。

 

また、ハイドロキノンは強力な美白作用があるだけに、白斑という副作用の報告があります。

 

これは皮膚が色素細胞を失ってしまう状態で、白斑の部分だけ真っ白になる副作用です。

 

このようにトラブルや副作用のリスクがあるのが、ハイドロキノンのデメリットです。

 

 

 

 

まとめ

メラニン色素の沈着によるクマへの効果は期待できるものの、その分リスクも高いのがハイドロキノンです。

 

ですのでクマのケアに使う場合は、安全性を重視してリスクも踏まえた上で使用しましょう。

 

 

▼私の体験談▼

 

クマの治し方|3週間で目の下のクマが消えるスキンケア>>