クマ レーザー

クマのレーザー治療

クマを改善するには、原因にアプローチした対策を行う必要があります。

 

その中でも厄介なのが、加齢や肌の老化によって起こる黒クマや色素沈着による茶クマです。

 

エイジングケアや美白はもっともアプローチが難しいので、最近では美容外科でレーザー治療を行う方が増えています。

 

ただ美容外科は治療費が高いイメージがありますし、どのような効果が得られるのか不安もありますね。

 

美容外科に興味があるけど、何かしら不安がある場合は事前に内容を詳しく知っておきましょう。

 

 

 

クマのレーザー治療とは

レーザー治療はメスを使った外科手術と違い、レーザーを照射することで症状を改善していく治療法になります。

 

症状によって使用するレーザーマシンには違いがあります。

 

加齢などでハリを失うことでできる黒クマの場合は、コラーゲンやヒアルロン酸を増殖しなくてはいけません。

 

このレーザー治療ではレーザーリフティングなどを使い、線維芽細胞に刺激を与えてコラーゲンの増殖を促す波長を持つレーザーを照射します。

 

一方、色素沈着で起こる茶クマは、沈着したメラニン色素を分解して排出を促す必要があります。

 

茶クマのレーザー治療は、ヤクレーザーピーリングやジェネシスなどを使って行います。

 

これらの機器から発生するレーザーは、メラニン色素だけに反応するので目元でも安全に照射できます。

 

ちなみに、血行不良によって起こる青クマには、他の美容施術でも使用するダイオードレーザーが効果的です。

 

どの施術にも共通しているのは、注射による治療と違い肌そのものに働きかけるので、一度施術を行うと長期的な効果が期待できるということです。

 

また光を照射するだけなので、痛みがないというメリットもあります。

 

 

 

レーザー治療の治療費はいくらかかる?

痛みがなく効果が持続するとなれば、ぜひレーザー治療をしたいと思ってしまいますね。

 

ただ、いくらそう思っても治療費が払えなくては治療できません。

 

レーザー治療の治療費というのは、クマの範囲や症状の度合いによって違ってきます。

 

レーザー治療ではレーザー光線を照射しますが、照射1回をワンショットと数えます。

 

残念ながら、ワンショットでは目の下全部に照射することができないので、範囲が広ければその分ショット数が多くなります。

 

また、1回の施術でクマの原因を取り除くのは難しいです。

 

例えば濃い色素沈着が起こっている場合だと、1回の施術で破壊できるメラニン色素の量には限りがあります。

 

つまりクマの症状によっても施術回数が変わってくるので、一概にいくらかかるとは言えないのですね。

 

ただ一般的には15万から20万程度かかると言われていますから、これを目安にクリニックに聞いてみるといいでしょう。

 

 

 

レーザー治療の効果とは?

レーザー治療の魅力は、1回の施術でも目に見える効果が得られるところです。

 

もちろん効果の出方にも個人差があるのですが、それでも施術を受けてから1週間程度で明らかにクマが薄くなります。

 

ただし1回だけでは、クマがすべて消えるということはありません。

 

黒クマであれば焦げ茶色になる、茶クマなら茶色が薄くなるという感じで、施術を受けるたびに少しずつクマが目立たなくなっていくのがレーザー治療の効果です。

 

いくら効果があるといっても、しっかり消すまでにはそれなりに施術を受ける必要があるのですね。

 

それでもセルフケアよりは確実な効果が期待できるので、興味がある方はカウンセリングを受けてみるといいでしょう。

 

 

まとめ

美容外科は普通の総合病院より馴染みがないので、カウンセリングも行きづらいかもしれません。

 

ですが、美容に特化した施術を行っている医療機関ですから、エステサロンと似ています。

 

またカウンセリングを受けたからと言って、絶対治療を受けなくてはいけない、なんてこともありません。

 

治療内容や費用を聞いてから検討することも可能ですから、肩肘張らずに相談してみるといいですね。

 

 

▼私の体験談▼

 

クマの治し方|3週間で目の下のクマが消えるスキンケア>>