クマ 化粧品

クマを化粧でなかったことに!

目の下にあるクマは、見た目的に生活に疲れた老けた印象になりますし、不摂生なイメージも与えてしまいます。

 

いくら綺麗にメイクをしてもクマが隠れていなければ、それだけで女子力はガタ落ちです。

 

そんな厄介なクマは、ナチュラルかつしっかりと隠せる化粧品でなかったことにしてしまいましょう。

 

 

 

クマを綺麗に隠す化粧品は?

ファンデーションの仕上がりをチェックしているときに、クマが隠れてないのを発見したら、慌てて重ね塗りしてしまうかもしれませんね。

 

ですがファンデーションで隠そうとするのはNGです。

 

ファンデーションのカバー力ではクマは隠せませんし、ただ厚塗りになって化粧崩れしやすくなります。

 

クマを隠すために使う化粧品はコンシーラーです。

 

コンシーラーはカバー力が高いので、厚塗りをしなくても綺麗に隠すことができます。

 

また、カラーもブルー系やオークル系、オレンジ系などバリエーションが豊富です。

 

ですのでクマの色味に合わせることで、白浮きせず自然な肌の色合いに近づけながら隠せます。

 

ただし手軽にクマを隠せるコンシーラーでも、選び方を間違えるとうまく隠せないことがあるので、正しい選び方をマスターしましょう。

 

 

 

コンシーラーの正しい選び方

コンシーラーを使う上で重要なのはカラーです。

 

クマの色というのは肌質やクマの原因によって異なるため、その色に合ったカラーを使わないとうまく隠れてくれません。

 

青クマに使う場合はオレンジ系、茶色いクマに使う場合はイエロー系、黒クマであれば肌の色に近いオークル系を使いましょう。

 

クマの色に相性の良いカラーを使えば、ひと塗りでも隠せるのでナチュラルに仕上がります。

 

次に重要なのがテクスチャーです。

 

コンシーラーには、リキッドタイプやクリームタイプ、固形タイプなどテクスチャーにも種類があります。

 

この中で、目の下のクマにもっとも適しているのが固形タイプです。

 

固形タイプは一番カバー力が高いので、うす塗りでもきちんとクマを隠せます。

 

リキッドタイプやクリームタイプは油分が多いため、よく動く目元に使うとよれてしまいます。

 

固形タイプのコンシーラーは密着性も高く、少量をつければいいだけですから、厚塗り感もなくクマを隠すことができます。

 

 

 

クマを隠す化粧品の効果を高めるには

コンシーラーだけでも十分にクマを隠す効果があります。

 

ただ、年齢とともにどうしても目の下のハリは失われてしまうため、たるみが影になってクマが悪化することがあります。

 

また年齢関わらず、肌の状態次第では、コンシーラーを使っていてもクマが隠せないこともあります。

 

肌がたるんだりしぼんだりすると、コンシーラーでは消せない陰影が出てしまうのですね。

 

だからと言って、ファンデーションを厚塗りしてもこの陰影は隠れません。

 

クマと同じで厚塗りをすれば、その分よれたり崩れやすくなり、さらに汚いメイクになるので注意しましょう。

 

コンシーラーでもうまく隠せない、陰影が気になるという場合は、目元にハリを持たせる化粧品でケアするのがベストです。

 

クマの部分の肌にハリが出れば、コンシーラーもうまく馴染んでクマもしっかり隠せるようになります。

 

もし、現時点で特にハリが失われていない方でも、目元はダメージを受けやすいので、他の部位よりしわやたるみが出来やすいです。

 

この目元老化を予防するためにも、目元用のケアアイテムでダメージを軽減して若々しい目元を保ちましょう。

 

 

 

まとめ

クマの改善方法はいろいろありますが、どれも即効性はありません。

 

もちろんマッサージをして血行を促進したり、保湿ケアをして水分保持機能を高めることはクマの解消には必要不可欠です。

 

ただ改善されるまではクマに悩むことになってしまいますね。

 

コンシーラーならすぐに隠せるので、毎日のメイクに取り入れて、年齢を感じさせない魅力的な目元に仕上げてください。

 

 

▼評価の高いアイクリーム▼

 

アイキララ

 

 

ボタン