クマ 治し方

クマをコンシーラーで上手にカバーするには?

皆さんは普段どのようなメイクをしていますか?

 

メイクをする中で顔色をファンデーションによってキレイに見せたり、肌荒れを隠すことは誰にでもあるでしょう。

 

しかし、どんなにキレイにファンデーションを塗っても隠し切れないのがクマです。

 

クマは一度出来てしまうと、なかなかメイクでは隠せません。

 

そこで、コンシーラーを上手に使って気になるクマを上手にカバーしましょう。

 

 

 

固形のコンシーラーがマストアイテムです

目の下のクマは、ファンデーションや液体のコンシーラーを使っても、透けて出てきてしまうことがあるでしょう。

 

リキッドタイプは特に、時間が経つにつれて皮脂崩れが起こりやすいので、どんなにクマを隠しても徐々にその姿が表れてしまいます。

 

一方で固形のものは、少量でもカバー力が強いのです。

 

厚塗りにならずに部分的に隠すことが可能で、皮脂崩れもほとんどありません。

 

目の下には、固形のコンシーラーを馴染ませるようにしましょう。

 

使い方は簡単で、目の下のクマ部分にトントンと馴染ませるだけです。

 

仕上げにファンデーションや粉をはたくと、キレイに見えますし、クマがどこに行ったのか分からなくなります。

 

リキッドタイプのものを重ねていても、厚塗りになったりクマだけが浮き出てきてしまうのです。

 

クマ隠しには必ず固形のコンシーラーを使用することが良いでしょう。

 

 

 

コンシーラーは多く使わないこと

クマを隠そうとする人は、その部分にだけコンシーラーを多く塗る傾向にあります。

 

しかし、厚塗りはかえって化粧崩れを招くのです。

 

化粧崩れが起こると、クマが浮き出てしまうので、かえって不自然な顔になってしまいます。

 

せっかく厚塗りしたとしても、それでは意味がないですよね。

 

まず、朝にコンシーラーを少量使ってクマを目立たせなくさせます。

 

それからまたメイク崩れが気になった時に重ねて塗るようにすれば、キレイな顔が保てるようになるのです。

 

とにかくNGなのは、重ねて厚塗りをしてしまうことですね。

 

常にうす塗りにして、気になった時に気になった部分にだけ、もう一度重ねれば良いと言う考えにしましょう。

 

クマを気にする人は、全体的に厚塗りにすることがよくあります。

 

これでは、かえってクマを目立たせやすいと言うことを認識しましょう。

 

 

 

クマ以外の部分をポイント的に華やかにする

例えば顔が大きい人が、その大きさを隠す為に印象的なピアスを付けたり、帽子をかぶったりと言うテクニックを使っていますね。

 

クマを隠す場合にも、このようなテクニックが必要でしょう。

 

例えば、目元をパッチリさせたり、赤いリップを使うことです。

 

つまりは、視線を誘導させると言うことですね。

 

目、口、頬の部分でどれか一つを華やかな印象にさせると、人の視線はそちらに集中しますので、一見クマが分かりにくくなるのです。

 

これは、薄いクマから大きな濃いクマにまで対応できるテクニックでしょう。

 

チークをふんわりとピンクにさせたり、赤いリップで印象的な口元を作ることで気になるクマがカバー出来ます。

 

さらにコンシーラーは、うす塗りにして敢えてしっかりと隠さないようにするのがコツです。

 

ポイント的に華やかなメイクにする場合には、コンシーラーはうす塗りで良いでしょう。

 

コンシーラーでがっちりカバーしてしまうと、不自然な印象になることがあります。

 

目線が他に行くようなメイクをしていれば、固形のコンシーラーを一塗りする程度のメイクがオススメです。

 

目の下にコンシーラーを使って、クマを目立たなくさせる場合には、以上の点に気を付けましょう。

 

リキッドから固形のものに変えるだけで、自然な顔色になりクマが目立たなくなります。

 

また厚塗りを控え、ポイントメイクで華やかにすることで、クマが際立つことがなくなるでしょう。

 

 

クマの治し方|3週間で目の下のクマが消えるスキンケア>>