クマ 病気

クマと病気の関係

目の下にクマが出来ている人は要注意です。

 

そのクマを疲れているせいや、ストレスのせいにしていませんか?

 

クマには血行不良や色素沈着が原因になっているものもあるのですが、実は大変な病気が隠れている可能性もあるのです。

 

今まで無かったクマが突然出てきたり、目の下のクマが日に日に濃くなったり気になる場合には、病気を疑ってみてください。

 

クマと病気には深い関係があります。

 

 

 

クマと肝臓は密接な繋がりがあります

肝臓は、臓器の中でも何かの病気になってもサインが出にくい場所です。

 

肝臓の機能低下によって、徐々に体調不良などと言った症状が出るようになるのですが、クマもその症状に含まれています。

 

たとえば肝臓結石は、肝臓に結石が出来ることでひどいクマを作りますし、肝臓病はクマが出来てしまう頃にはかなり進行していると言うのです。

 

また、肝臓が悪い人は、そもそも肌の色が悪くなります。

 

肌の色が通常よりも黒っぽくなるので、目の下のクマも顕著に表れやすくなるでしょう。

 

クマが出ると言うことは、それだけ症状も悪化していると思われます。

 

クマが長引いたり、顔色が全体的に悪いような時には早めに病院を受診するようにしましょう。

 

肝臓の病気にかかると完治には時間がかかるため、早期発見で良くなることもあるのです。

 

 

 

女性特有の病気があります

クマが表れやすい場合、女性なら鉄欠乏症貧血の疑いがあるでしょう。

 

女性は、特に生理などが関係して鉄不足になりやすいのです。

 

妊娠や出産をキッカケに、鉄欠乏症貧血になってしまったと言う人もいます。

 

クマにはいろいろな色がありますが、鉄欠乏症貧血になると青いクマが目の下に出るようになるのです。

 

クマが出来るまでの鉄欠乏症貧血になってしまうと、めまいやだるさ、その他の体調不良に悩まされることになるでしょう。

 

今までクマがなかったと言う人でも、鉄欠乏症貧血が重症になると、目の下のクマが目立ちやすくなります。

 

顔色も悪くなるので、健康的には見えません。

 

病的な顔に見えると、若々しい印象も消されてしまうので、早めに鉄分を補うようにしたいですね。

 

病院で診察してもらえば、鉄を含む錠剤やカプセルなどを処方してもらえますし、食事によっても鉄欠乏症貧血は改善出来ます。

 

鉄欠乏症貧血は、慢性化しやすいので、継続的なケアによって完治させていきましょう。

 

 

 

精神的な疾患によってもクマは出来る

クマを見ると、とても不健康な印象を受けますね。

 

クマは、精神的な疾患のサインにもなります。

 

特に現代病であるうつ病でクマが出来る人は多く、目の下や顔全体が黒っぽくなるのです。

 

うつ病までの精神疾患に悩まされれば、ストレスや体調不良で、目の下に症状が出やすくなるのでしょう。

 

うつ病は、精神的ストレスが身体に巡るので、体調不良を起こします。

 

頭痛や吐き気、食欲不振などになることがありますから、体調不良によってクマがひどくなることも考えられますね。

 

どちらにせよ、うつ病になっている場合には、早めの対処が肝心です。

 

うつ病であることに気が付かずに過ごしていると、突然糸が切れたように身動きが取れなくなってしまう日も遠くありません。

 

クマがうつ病のサインであることもあるため、精神的なストレスや疲れに心当たりがある方は、クマが出来た場合にうつ病を疑ってみても良いでしょう。

 

 

クマは、単なる疲れや寝不足だけのものではありません。

 

命に関わる病気や、精神的な疾患を抱えている場合も少なくないと言います。

 

クマが今までなかった人で、最近気になるようになってきた人は特に病気を疑ってみても良いでしょうね。

 

顔色が悪いだけならまだしも、病気になっているとしたら早期に治療する必要があります。

 

単なるクマだと放置せずに、クマが出来てしまう原因を追究しましょう。

 

 

 

クマの治し方|3週間で目の下のクマが消えるスキンケア>>