クマ 種類

目のクマには3種類ある!

目の下のクマの解消法は、種類によって変えていく必要があります。

 

クマは全て同じではありません。

 

クマにも種類があるのです。

 

茶グマ、青グマ、黒グマと言う分け方になっていて、そのクマの色によって種類を判別出来るでしょう。

 

自分のクマが一体どのクマなのかを見分けることによって、対処もしやすくなりますから、まずはクマの種類を確認することが大事ですね。

 

ここでは、その三つのクマの原因と解消法についてまとめてみました。

 

 

 

茶グマの原因と解消法

クマの中でも茶グマは、主に色素沈着が原因になっています。

 

紫外線から受けたダメージなどによって、色素沈着が起こりやすくなるのです。

 

さらに、乾燥や痒みを伴うアトピーや、化粧品でのかぶれでも色素沈着による茶グマが出やすくなります。

 

目の下だけではなく、まぶたにも茶グマが出来ることがあるので、色素沈着しないような対処が必要でしょう。

 

茶グマに対しては、美白ケアに重点を置きたいですね。

 

美白効果のあるコスメの中に、ビタミンC誘導体が含まれたものがあります。

 

またクリニックで処方される、ハイドロキノンも有効的でしょう。

 

美白効果があるものは、色素沈着を次第に緩和させる働きがあるのです。

 

シミやそばかすと言った悩みにも対応しています。

 

ケースによってはハイドロキノンとトレチノインを併用することもあるでしょう。

 

この場合は、医師と相談しながら濃度を低くした状態で治療を続けていくようにしたいですね。

 

茶グマをクリニックで治療する場合には、レーザー治療が有効的だと言われています。

 

 

 

青グマの原因と解消法

青グマの原因は、冷えやホルモンバランスの乱れ、睡眠不足や疲労などが挙げられます。

 

青グマは、目の周りの毛細血管の血液が滞ることによって、目の周りの薄い皮膚が毛細血管から透けてしまうことで青っぽく見えるクマのことです。

 

目の下が青くなると、顔色自体も悪くなり病的に見えるのが厄介なところですね。

 

またメイクなどでも、この青グマは隠し切れませんから根本的な所から治していく必要があります。

 

青グマの解消法としては、マッサージやホットパックなどが有効的です。

 

血行を良くさせることによって、青グマが解消されます。

 

マッサージでは、アイクリームなどを使いながら優しく行うのがポイントでしょう。

 

強く擦りすぎてしまうことで、また青グマをひどくさせる可能性もあります。

 

血行を促進するようなビタミンK入りのアイクリームも有効的でしょう。

 

コスメサイトなどで口コミの評判がいいものとして『アイキララ』があります。

 

効果もそうですが、副作用の心配がなく、価格も安価なので、最初のクマ対策としては最適でしょう。

 

日頃、運動や半身浴を行って体の代謝を良くさせておくことも青グマの解消になりますから、是非続けてみると良いですね。

 

『アイキララ』の公式ホームページにリンクしております↓

 

公式HP:アイキララ

 

 

 

黒グマの原因と解消法

黒グマには二種類のタイプがあります。

 

生まれつき目の下の脂肪が少なく、皮膚のたるみが出ている為に皮膚が凹んでしまうタイプと、加齢によって目の下にある細胞を支える筋肉が緩んでいるタイプです。

 

黒グマは一見、シミのように見えますが、シミではないのでファンデーションやコンシーラーで隠すことが難しいでしょう。

 

逆にメイクで隠そうとすればするほど目立ってしまうのが、この黒グマのタイプです。

 

この黒グマになっている人は、皮膚のへこんだ部分にヒアルロン酸を注入してへこみを元に戻す施術が有効的ですね。

 

また、加齢によって目の下の筋肉が緩んで黒グマが出来ている人は、脱脂術などの手術をすれば目元がスッキリしてクマが取れると言われています。

 

黒グマの人は、茶グマと混合している場合もありますから、その場合には茶グマを取るケアも視野に入れましょう。

 

クマと言ってもこのように種類は分かれています。

 

まずはその種類の見極めをすることから始めましょう。

 

クマの種類によって解消法も違うので、皆と同じような事をやっていても、実は自分には合っていなかったと言う場合もありますね。

 

色を見て判断したり、専門家に相談することで解消法が見つかりやすくなるでしょう。

 

 

 

▼私の体験談▼

 

クマの治し方|3週間で目の下のクマが消えるスキンケア>>