クマ 紫

紫クマの原因は?

クマというのは、色によって原因や解消法が異なります。

 

クマの解消法と言えば、目の周りを温めたりマッサージする方法がスタンダードですが、これだけでは解消することができません。

 

紫のクマを引き起こす原因が血行不良であっても、血行が悪くなる原因があります。

 

クマを根本的に解消するためには、血液の流れを促進することも大事ですが、血行不良の原因も改善していく必要があるのです。

 

 

 

アルコールの過剰摂取や生活習慣の乱れ

肝臓や腎臓には、老廃物を排出したりデトックス機能によって血液を浄化して綺麗にする働きがあります。

 

ですので肝臓や腎臓が正常に働いてくれないと、血液が浄化されないまま体内をめぐることになってしまいます。

 

浄化されないと血液がドロドロになるため、血液がスムーズに流れなくなります。

 

特に目の周りの血管は細いので、普通の状態でも流れにくくなりますから、血液がドロドロだと流れが滞ってしまい、紫っぽいクマが発生します。

 

アルコールを大量に摂取したり、毎日飲酒をする習慣がある場合は肝臓が疲弊しているかもしれません。

 

また、肝臓や腎臓は生活習慣が乱れると回復が遅れて働きが低下します。

 

ですので酒量が多い場合は休肝日を作ったり、どうしても我慢出来ない場合は摂取量を減らすように心がけてください。

 

食事や睡眠が不規則であれば、食事の時間を決めたり睡眠時間を確保するなど、生活習慣を規則正しくして紫クマを解消しましょう。

 

 

 

ストレスによる自律神経の乱れ

ストレスが溜まっていると、交感神経が活発になって副交感神経とのバランスが崩れます。

 

交感神経と副交感神経は自律神経を構成していますから、これらのバランスが崩れると自律神経の働きが正常に行わなくなります。

 

自律神経は、血液の流れや体温、代謝などあらゆる機能をコントロールする神経です。

 

この神経の働きに異常が起こると、皮膚の代謝が低下したり、血液の流れが悪くなってしまいます。

 

目の下の皮膚の代謝が悪くなったり、血液の流れが悪くなると紫クマが出来ることがあるので、自律神経を乱すストレスを解消しましょう。

 

ストレス解消方法は、自分が楽しい幸せだと思えることをするのが一番です。

 

ですが忙しくて余裕がない場合は、ゆっくりお風呂に浸かったり、好きな歌を聴くだけでも十分です。

 

少しでも心地良い瞬間を作ることでストレスは緩和できるので、形にこだわらず1日10分でも好きなことをしてください。

 

 

 

皮膚のたるみも紫クマを作る

目の下の皮膚というのは、思っている以上にダメージが蓄積しています。

 

もともと、他のパーツよりも皮膚が薄いので保水保持機能が低く、さらにちょっとしたことで刺激を受けます。

 

そのため顔の中でも一番老化が早く出るのですね。

 

コラーゲンの減少で皮膚がしぼんだり、重力に負けてたるんだりすると、肌に影が出来て紫っぽく見えることがあります。

 

また、ハリや水分を失った皮膚は血流も悪くなります。

 

血流が悪くなると青いクマが出来やすいのですが、さらに血流が停滞しつづけると紫に変色します。

 

残念ながら、目の下のたるみというのは保水機能が低いため簡単には取れません。

 

保湿ももちろん大事ですが、目の下のケアではコラーゲンやヒアルロン酸などハリや弾力を保つ成分を補給するのが一番です。

 

さらにビタミンC誘導体など浸透力が高く、美容成分の合成をサポートする成分もしっかり補給してあげましょう。

 

使用するケアアイテムは、普通の保湿クリームではなく目元専用のアイテムを使うことが、効率よく紫クマを解消するポイントです。

 

 

まとめ

基本的に、紫のクマの原因は血液の流れが悪くなってしまうことです。

 

ただ血行不良が引き起こされる原因は人によって違いますから、解消するにはまず原因をしっかり見極めてください。

 

紫クマは、直接アプローチしても根本的な解消にはならないので、原因を改善することが一番の解消法になることを覚えておきましょう。

 

 

▼評価の高いアイクリーム▼

 

アイキララ

 

 

ボタン