クマ 茶色

原因に合わせた解消法を!

見た目的に不健康な印象を与える茶色いクマは、色素沈着が原因です。

 

茶クマは肌の色味に近いので、コンシーラーを使えば簡単に隠せます。

 

しかし、そのままにしておくと色素沈着が濃くなってしまう可能性があるので注意しなくてはいけません。

 

最初はうっすらとした茶色でも、濃くなったらコンシーラーでも隠せなくなりますから、原因に合わせて解消法を行ってください。

 

 

 

保湿機能の低下による乾燥

目の下の皮膚はとても薄いため、他の部位よりもセラミドやヒアルロン酸など保湿成分を保持する機能が低い傾向にあります。

 

起きている間は、常にまばたきや眼球を動かしています。

 

さらに、パソコンやスマホの小さい文字や画像を見たりすれば、皮膚に下にある筋肉が緊張するため柔軟性が失われます。

 

このように目の周りにはいつも負担がかかるので、皮膚の保湿機能が低下しやすいのです。

 

保湿機能が低下すると乾燥が起こり、その結果ターンオーバーのサイクルが乱れます。

 

皮膚は、基底層で新しい肌細胞が作られて、それが表皮まで押し上げられて古い角質と入れ替わることで健康な状態を保っています。

 

このターンオーバーのサイクルが乱れると、酸化によって変色した古い角質が残ってしまい、茶クマが発生するのですね。

 

乾燥によって起こる茶クマを解消するには、保湿機能を強化することが重要です。

 

セラミドやヒアルロン酸をしっかり補給するのはもちろん、コラーゲンやプラセンタなど保湿力を高める成分も取り入れてスキンケアすることで保湿機能が高めましょう。

 

 

 

メイクや洗顔による摩擦

目の周りの皮膚はとてもデリケートなので、ちょっとしたことで摩擦が起きてしまいます。

 

特に大きな摩擦を起こす原因となっているのが、毎日の習慣になっているメイクと洗顔です。

 

顔全体の色味を整えるために使う化粧下地やコンシーラー、ファンデーションは当然目の下にも使いますね。

 

他の部位よりも薄い皮膚に、これだけのメイクをするとそれだけでかなりの摩擦を起こすことになります。

 

さらに、最近は涙袋をふっくら見せるメイクが流行っているので、アイシャドウや白いアイライナーを重ねる方もいるでしょう。

 

そしてこういったメイクを落とすために使うクレンジングも摩擦を与えてしまいます。

 

摩擦によってダメージを受けるとメラニン色素が生成されます。

 

この色素沈着によって茶色いクマが出来てしまうのです。

 

といってもメイクをしないわけにはいきませんから、色素沈着による茶クマはビタミンC誘導体など美白成分で解消してください。

 

ビタミンC誘導体は、メラニン色素還元作用で色素沈着を改善する効果とメラニン色素を作るチロシナーゼの活性を防ぐダブルの美白効果を持っています。

 

摩擦で肌に負担がかからないようにしながら、美白成分でケアをしていけば茶色いクマも綺麗に解消できます。

 

 

 

メラニン色素を作る要因を徹底的にブロックする

目の下は摩擦を受けることが多い分メラニン色素も作られやすいですが、紫外線も大きく関わっています。

 

目の下の皮膚は薄いので、少し紫外線を浴びただけでもダメージを受けます。

 

そのため他の部位よりもメラニン色素が生成されやすく、色素沈着が起こりやすいのですね。

 

紫外線が強くなる季節であれば、しっかりUVケアをする方も多いですが、秋や冬など日差しが弱くなる時期は油断してしまうことも多いでしょう。

 

ですが、オゾン層の破壊が進んでいるため紫外線は1年中降り注いでいます。

 

日差しが弱い時期であっても、肌にダメージを与える紫外線を浴びてしまえば、いくら茶クマ対策をしても消えませんし予防もできません。

 

ですのでメラニン色素を作る要因となる紫外線は、日焼け止めを使って徹底的にブロックしてください。

 

 

▼評価の高いアイクリーム▼

 

アイキララ

 

 

まとめ

茶色いクマの解消法は、スキンケアと美白ケアが基本です。

 

女子力を下げるクマを効率よく改善するためにも、肌機能を強化しながら守ってクリアな目元を目指しましょう。

 

 

 

▼私の体験談▼

 

クマの治し方|3週間で目の下のクマが消えるスキンケア>>