クマ 防ぐ

目のクマを防ごう

目の下のクマが出来てしまったとしても、コンシーラーを使えばすぐに隠せますし、マッサージやツボ押しで症状を緩和することもできます。

 

ですがいくらクマの対策法があるとしても、やっぱり出来る前に防ぐのが一番です。

 

しっかり対策をしておけばクマに悩む事もないので、防ぐための対策法をチェックしておくといいですね。

 

 

 

良質な睡眠で目と目の周りをしっかり休ませる

人間の体に一番必要なのは休息です。

 

例えばどんなにスキンケアをしていても、寝不足の状態が続けば肌荒れやトラブルが起こりますね。

 

乳酸菌をしっかり摂取しても、24時間胃腸を働かせれば腸内環境は悪化します。

 

目のクマも同じで、マッサージをしても高級保湿クリームでケアをしても寝不足だったり睡眠の質が悪ければ疲労を回復できません。

 

だからこそ、目のクマを防ぐにはまず良質な睡眠が必要になるのです。

 

良質な睡眠を取るには、寝る前にコーヒーやアルコールを飲まないこと、パソコンやスマホなど神経を刺激するものは見ないことがポイントです。

 

深い眠りのために必要なのは副交感神経を活性化することです。

 

神経を高ぶらせると副交感神経の働きが弱まるので、寝る前は静かに過ごしましょう。

 

また、明るすぎるのも良くありませんから、ものがぼんやり見える程度の明るさに落としてください。

 

ストレッチは副交感神経に働きかけますしストレスを緩和してくれるので、寝つきが悪い方は軽くストレッチをするといいですね。

 

 

 

目が疲れすぎないように気をつける

現代人は常に目を酷使する環境にあります。

 

仕事ではパソコンを使うことも多く、細かい字を目で追ったり、十分じゃない大きさの画像を見たりするので目がとても疲れますね。

 

スマートフォンで情報を見ることも多いですし、こういった機器からは目の組織を疲弊させるブルーライトが発生します。

 

LED画面から発生するブルーライトは散乱しやすいので、ピントを合わせるために目に大きな負荷がかかります。

 

さらにこの光は体内時計を狂わせてしまうため、睡眠の質にも影響を与えます。

 

いずれにしても、目の疲れはこまめに解消しないと蓄積します。

 

目が疲れると血行不良や目の周りの筋肉を硬くしてしまうので、クマを引き起こす要因となります。

 

ですので、疲れを溜めないようにこまめにケアをしておきましょう。

 

1時間パソコンをいじったら5分は休む、出来るだけ遠くを見て焦点を変える、眼球や目の周りを優しくマッサージするというのは疲れ目対策に効果的です。

 

疲れ目はクマに大きく関わっているので、目の疲労には注意してください。

 

 

 

ハリのある目元を作りましょう

ハリのある肌は、基本的にクマや色素沈着などのトラブルは見られません。

 

ハリがあるということは肌が健康な状態ですから、血行もよくターンオーバーもしっかり行われています。

 

ですのでトラブルが起こることはないのですね。

 

逆にハリや弾力を失った肌は、血行も悪くなって代謝も低下するためトラブルが起こりやすくなります。

 

肌のトラブルというと、おでこや目元のシワ、シミ、頬のホウレイ線やフェイスラインのたるみが思い浮かびますね。

 

そのため念入りにケアするのもこういった部分に集中してしまい、目の下のケアは不足がちになります。

 

目の下のハリや弾力がなくなったら真っ先に起こるのがクマですから、しっかりケアをして予防しましょう。

 

目の下のケアは目元専用美容液でもいいですし、最近は目の下のたるみに特化したコスメもあるのでこういったアイテムでケアしてください。

 

 

▼評価の高いアイクリーム▼

 

アイキララ

 

 

まとめ

クマというのは、ニキビやシミ、シワなどの肌トラブルと同じで、肌の状態も発生に関わっています。

 

ただ、それに加えて目の疲れなどの影響もあるので両方のケアが必要です。

 

それでも出来てからのケアよりも、出来る前のケアの方が簡単なのでクマに悩む前にしっかり対策をしておきましょう。

 

 

ボタン