目の下 赤いクマ

赤クマには早めのケアを!

目の下に赤くぷっくらとした膨らみが出来ていたら赤クマかもしれません。

 

赤クマというのは、クマの中でも一番軽い状態なので、ケアをしなくても治ってしまうことが多いです。

 

それでも原因によっては慢性化することもあるため注意しましょう。

 

赤クマが慢性化すると、たるんで黒クマになってしまうので、その日のうちにスキンケアで消してしまうのがベストです。

 

 

 

赤クマの原因と対策法とは?

赤いクマというと、何かの摩擦や炎症が起こっていると思ってしまうかもしれませんね。

 

ですが赤クマの根本的な原因は、青クマと同じで血行不良です。

 

ただし、青クマは冷えや肩こりなどで起こる血行不良が主な原因ですが、赤クマの場合は目の疲れによって発生することが多いと言われています。

 

長時間パソコンの画面を見続けていたり、照度が落ちた部屋でテレビやスマホの画面を見たりすると目が疲れますね。

 

目が疲れると目の周りの筋肉が硬くなるため、もともと薄い目の下の皮膚から眼輪筋が透過したり、目の下がうっ血したような状態になります。

 

こういった状態によって起こるのが赤いクマです。

 

ですので、赤いクマを改善するにはまず目の疲れを取ることがポイントになります。

 

ただ皮膚が薄すぎることも原因の一つですから、スキンケアでハリや弾力を与えて、皮膚の下の状態が透けないようにすることも効果的な対策法と言えるでしょう。

 

 

 

赤いクマに効果的なスキンケアとは

赤いクマは比較的簡単に改善しやすいものの、やり方を間違えると黒クマや茶クマの原因になるので注意してください。

 

まずケアアイテムは、必ず目元専用のものを使いましょう。

 

顔は体の中でも皮膚が薄いですが、目元はそれ以上に薄くデリケートです。

 

顔用のスキンケアアイテムであっても、添加物など刺激になるものが入っていると、負担となってダメージを与えてしまいます。

 

また、伸びが悪いものでは摩擦でメラニン色素が生成されてしまいますから、目元専用のアイテムでケアする必要があるのです。

 

目の下の皮膚をダメージに負けない状態にしてくれるのは、コラーゲンやヒアルロン酸、ビタミンC誘導体などのハリ弾力成分です。

 

ハリや弾力を保てれば、疲れによる赤クマも回復できますし、血行不良も起こりにくくなります。

 

目元専用のクリームは目の周りの肌の健康に特化した成分が配合されていますし、伸びも良いので赤クマ改善のスキンケアに最適です。

 

こういった専用アイテムを使うことで、より効率よく失敗のないスキンケアができるのですね。

 

 

 

スキンケアの効果を高めるには

目元専用のクリームなどで行うスキンケアは赤いクマの解消に効果的ですが、もう一つ大事なのが目の疲れを溜めないことです。

 

いくら肌を健康にしてあげても、眼睛疲労など目の疲れが残ったままでは赤クマが再発してしまいます。

 

また血行もよくなりませんから、スキンケア効果を高めるためにも睡眠をしっかり取りましょう。

 

目の疲れを取る方法はいろいろありますが、目を使っている限り疲労は溜まります。

 

一番大事なのは、視力を一切使わないようにすることですから、睡眠でしっかり休ませてあげましょう。

 

寝る前には、明かりを落として副交感神経を優位にすると、睡眠の質が高くなって疲れも取れやすくなります。

 

ただし休みの日にたくさん寝るなど、寝だめはクマ解消にはなりません。

 

1日の疲れはその日のうちに取るのがクマの再発を防いで、スキンケア効果を高めるポイントです。

 

またホットタオルで目の周りを温めると、緊張が取れて眠りやすくなるので、寝つきが悪い方は試してみるといいですね。

 

▼評価の高いアイクリーム▼

 

アイキララ

 

 

 

 

まとめ

赤クマというのは、クマという意識がない方も多いかもしれません。

 

ですが、放っておくと下まぶたのたるみにつながるので、毎日しっかりスキンケアをして赤クマができない肌を作りましょう。

 

 

 

▼私の体験談▼

 

クマの治し方|3週間で目の下のクマが消えるスキンケア>>