青クマ 原因

青クマは治せる!

目の下がうっすらと青白くなるのは青クマという種類のクマです。

 

クマがあるとそれだけで顔が疲れた印象になりますが、青クマは病的な印象も与えてしまいます。

 

そんな青クマの一番の原因は血行不良ですが、根本的に改善するには血行不良を引き起こす原因を解消しなくてはいけません。

 

ここでは、寝ても寝ても治らない青クマの本当の原因と対処法をご紹介します。

 

 

 

青クマを引き起こす要因

青クマの原因というと、まず思い浮かぶのは寝不足ですね。

 

寝不足になると、体が疲れを修復しきれないまま活動しなくてはいけないので、疲労によって全身の血流が滞ります。

 

その影響は特に顔に出やすいため、青クマが出来ると考えられています。

 

ですが、血行不良を引き起こす原因は寝不足だけではありません。

 

女性で多いのは、冷えや低体温が慢性化していることによる血行不良です。

 

いつも手足が冷えている、平熱が36度以下、体がむくみやすいという方は血行が悪いため、目の周りも血行不良になりやすいのです。

 

また、仕事でパソコンやスマホを長時間使うという方は、眼睛疲労やドライアイが原因かもしれません。

 

目のトラブルが起きていると、目の筋肉が常に緊張して硬くなってしまうので血液の流れが滞ってしまいます。

 

そして、意外に見落としがちなのが下まぶたの皮膚痩せです。

 

コラーゲンやヒアルロン酸の減少で下まぶたがハリを失うと、皮膚がしぼんで血液が透けてしまうことで青クマが発生します。

 

 

 

運動で血行不良を改善

冷えや低体温の症状がある方はもちろん、肩こりや腰痛、便秘、体のだるさなども全身の血行不良の症状です。

 

こういった症状がある方は、まず生活習慣を見直してみましょう。

 

全身の血行不良というのは生活習慣によって引き起こされていることが多いです。

 

定期的に運動をしていない、栄養バランスが偏っている、ストレスが溜まっているなど生活習慣の中には血行不良を引き起こす要因がいろいろあります。

 

生活活動は血行に一番大きく関わっているため、そこを改善しないと血液の流れは改善できません。

 

全身のめぐりを促すには運動が効果的なので、1日10分程度でも良いですから自分が続けやすい運動を取り入れましょう。

 

どんな原因の血行不良であっても、運動をすれば確実に血液の流れを改善できます。

 

また、運動というのは満足感や幸せを感じるホルモンを分泌したり、酸素をたっぷり取り入れられるのでストレス解消にもつながります。

 

運動が苦手な場合はストレッチやヨガなどでも大丈夫ですから、少しだけ時間を作って体を動かす習慣をつけて青クマを解消しましょう。

 

 

 

スキンケアで青クマを解消

青クマが出来ている部分はハリがなく凹んでいたり、皮膚が薄くなっているという場合はスキンケアで対処するのが一番です。

 

スキンケアでクマを解消する、という方法はあまり聞いたことがないかもしれませんね。

 

ですが皮膚が痩せてしまうことも青クマの原因の一つですから、スキンケアはとても効果的な対処法になります。

 

ハリがなくなっているのはコラーゲンやヒアルロン酸の合成量が減っていたり、保湿機能が低下している状態です。

 

ですのでコラーゲンなど美容成分をたっぷり補給すること、セラミドや天然保湿因子で角質層の保湿機能を高めてあげることが青クマ解消のポイントです。

 

普段使いの化粧品プラスこういった成分が入っているケアアイテムを取り入れて、丁寧にケアをしてあげれば皮膚のハリを取り戻せます。

 

ただしケアをする時には、強くこすったり摩擦を起こさないように注意してください。

 

ダメージを与えると、刺激によってメラニン色素が作られてしまい、茶クマが出来てしまうかもしれません。

 

皮膚痩せしている青クマは、普通の状態よりもダメージを受けやすいので、優しく丁寧にケアをしてあげましょう。

 

クマの中では一番改善しやすい青クマですが、しっかり寝ても治らない時には、運動やスキンケアなど試したことがない対処法を実践してみてください。

 

 

▼評価の高いアイクリーム▼

 

アイキララ

 

 

 

▼私の体験談▼

 

クマの治し方|3週間で目の下のクマが消えるスキンケア>>