黒クマ 原因

黒クマには専用の対処法を!

クマというのは、原因によって対処法が違います。

 

例えば、青クマはマッサージやツボ押しで改善できるとしても、黒クマにはまったく効果がありません。

 

もちろんそれで改善できることもありますが、黒クマには黒クマの対処法を行う必要があるのです。

 

何をしても黒クマが消えない時は、原因をしっかり把握してそれに沿った対処法を行いましょう。

 

 

 

黒クマの原因とは?

黒クマの原因は、大きく分けると肌が痩せることで凹みが出来ること、もしくは脂肪があるのに皮膚がたるんでしまうことの2種類になります。

 

肌が痩せるというのは、簡単に言うとコラーゲンやヒアルロン酸が不足している状態です。

 

コラーゲンは表皮の下にネット状に張り巡らされていて、肌のハリを保っています。

 

ヒアルロン酸はコラーゲンの合間にある成分で、水分をしっかり蓄えることでハリと弾力を維持します。

 

この2つの成分が減少してしまうと、支えを失った皮膚はしぼんでしまいます。

 

すると目の骨格が浮き出てしまって、その影が黒いクマとなって現れるのですね。

 

この状態に脂肪がついていると、ハリはないのに脂肪の部分だけを膨らんでたるんでしまいます。

 

骨格が浮き出ることでできる黒クマと違い、たるみのせいで起こる黒クマは厚みがあるのが特徴です。

 

厚みがある脂肪層が垂れ下がってしまうと、その影が黒くなるので黒クマが出来てしまうのですね。

 

 

 

自宅でできる黒クマの対処法

黒クマというのは、色素沈着で肌が黒くなっているわけではないため、美白成分でケアをしても解消できません。

 

肌のしぼみやたるみが原因となっているので、例えばおでこのシワやホウレイ線などと同じようにケアをするのが自宅での対処法になります。

 

シワやホウレイ線、たるみにアプローチするスキンケアは、コラーゲンやヒアルロン酸などハリ弾力成分を補給することです。

 

ただ、外側から補給をしたとしても、コラーゲンやヒアルロン酸が働く真皮層までは届きません。

 

もちろん角質層で保湿機能をサポートするので、補給がムダになることはないものの、それだけでは黒クマは解消できないのですね。

 

ですのでクマケアのためには、ハリ弾力成分の合成をサポートしてくれる働きを持つビタミンC誘導体などの成分も補給しましょう。

 

そのためにも、ケアに使うのは目元専用であることに加え、皮膚痩せに対応しているアイテムを選ぶのがポイントです。

 

あらゆる美容成分でコラーゲンの合成や働きを高めれば、肌は健康を取り戻します。

 

健康な肌になれば、しぼみやたるみが改善されるので黒クマも解消できます。

 

 

 

目元ケアとマッサージの相乗効果で黒クマを解消

肌に与えた美容成分というのは浸透することが大事ですが、ただ塗るだけでは効果が活かせません。

 

美容成分をしっかり行き渡らせながら浸透させるには、血流が良いということも重要なのです。

 

目元の血管というのはとても細いので、ちょっとでも目が疲れていたり、睡眠不足だったりすると血行不良になってしまいます。

 

この状態のまま目元ケアをした場合、皮膚のしぼみやたるみを改善するには膨大な時間がかかります。

 

そこで取り入れたいのがマッサージです。

 

マッサージはダイレクトに血行不良を改善できるので、目元ケアと組み合わせることで美容成分の力を最大限に発揮させてくれます。

 

マッサージ方法はとても簡単で、目元用のクリームを塗ったら、目頭から下まぶたを通り、目尻まで優しく流すだけです。

 

この時、皮膚をこすったり力を入れすぎないように気をつけましょう。

 

毛細血管の詰まりを移動させるようなイメージで、ゆっくり指を滑らせるようにマッサージしてください。

 

 

▼評価の高いアイクリーム▼

 

アイキララ

 

 

 

まとめ

黒クマの対処法は、一見アナログに思えるかもしれません。

 

しかし肌の状態を改善することがもっとも効果的な対処法なので、目元用のクリームとマッサージで地道に改善していきましょう。

 

 

▼私の体験談▼

 

クマの治し方|3週間で目の下のクマが消えるスキンケア>>